バクテリア剤

巷でよく売られているバクテリア剤、山ほど売られていますね?

数年前に色々試してみたことがありました。

本当は何が良いのか?使って意味があるのか?本当に硝化菌が入っているのか?

色々と疑問があり、本当に良いものが出来れば製品化できるかと考えていたのです。

皆さんもご存知のように
アンモニア→亜硝酸→硝酸塩→脱窒とうまくいけば進む訳です。
アンモニア・亜硝酸/酸化菌:ニトロソモナス属・ニトロソコッカス属・ニトロソスピラ属
ニトロバクター属・ニトロスピラ属等
うまく脱窒菌が定着できれば硝酸塩も安定します。

以前にも書きましたが、某研究機関に問い合わせして実験をしてもらおうと見積もりをした事もありました。
その時に色々とお話を聞きまして、巷で売られている物を分析したとの話も聞けました。
中には頭をかしげる物もあれば、ちゃんと硝化菌が入っている物もあったそうです。
実際に私も実験を行なって見た事があるのですが、アンモニアがやたらと出る物もあれば、亜硝酸が出て一向に安定しない水槽もあります。ソイル環境でありながら白濁まで起す有様です。
pHを上げる為に帆立貝を使用した事もありましたw おもいっきり白濁ですがw
結局のところそれ相応の時間を要した結果しか得られませんでした。
私の水槽はエビが中心、当たり前のようにソイルを使用します。もちろん低pHです。
硝化菌が好むのはpH8・水温30℃、厳密には更に環境を合わせなければ活動しない菌もあります。
要するに、環境が揃わなければうまく機能を果たさないのが現実です。普通に考えれば当たり前ですね
メーカー側は本物さえ提供できれば嘘にはなりません。あとは使う人次第です。
不親切かもしれませんが、それが今の限界なのでしょう。
そこまで対応できる物が出来れば私も商品化したいと思えるのですが、売れればそれで良いという利益ありきの考えは自分のスタンスに合わないし、それを望むお客様もいないでしょう。全く違う方向性からアプローチできる物があればいいのですが・・・

水槽環境は千差万別、十人十色、これで同じ環境を作るのは非常に難しい事と思います。ただし、温度の調整やpHの調整はできますし、これに硝化菌を入れてやれば何もしないよりマシかもしれません。せっかく良い物も、使い方次第で良くもなり悪くもなります。何故安定しない?と考える方は、そこら辺を考慮し使用してみてはいかがでしょう?

[ad#Google Adsense-2]

14 Responses to “バクテリア剤”

  1. ほんだし says:

    バクテリア剤、アクアを始めたばかりの十数年前は使ってましたが、結構前からは使わなくなりましたね〜。
    それを入れた効果が現れたのか?と聞かれると自信を持って『はい!』と言えないですからねf^_^;
    今ではおまじない程度かも…。
    個人では、バクテリアが本当にいるのか確かめる手段がない…というか難しいので、確認できませんしねf^_^;
    そういう観点から使わなくなったのかも…。

    でも、しっかりとバクテリアが入っていて、誰が使っても同じように効果が実感できるほどの商品は見てみたいですねー!
    どうですか?ebitaさん。
    そういうの開発してみては?(^^)

  2. ebita says:

    ほんだしさん

    意外とちゃんとした物はちゃんとしてるんですよ
    ただ、突っ込んだ使い方を解説しない為に誤解が
    生まれるんですよね、それを書いちゃ売れなくなりますし・・・
    海水のようにはいかないんですよw 淡水はw
    あまり考えてやってたらつまんない趣味になりますから
    こういう事は考えないのが一番です♪

    開発費用対利益が合わない事確実でしょw

  3. Bee AQUA tanaka says:

    こんにちは。
    ようやくパソコンが復活しました。
    8割くらい自作(知り合いの方に手伝ってもらい)ですが。
    非常にいい感じです。
    バクテリアですか・・・
    いろいろ売ってますよね・・・
    うちが使うのは・・・ひとつくらいしかないです・・・
    機能が目に見えないのは、難しいですよね。
    うちの水槽はある程度安定しているので、
    バクテリア関係は入れないんですけどね・・・
    立ち上げのときくらいかな?

  4. ebita says:

    Bee AQUA tanakaさん

    PCいいな~あの記事を読んでまじめに迷いますw
    今のPCだいぶ重くなってまして
    そろそろか・・・と、考えてるのですが
    DELLも安いしね~新品が3万円台で買えるし・・・
    悩むww

    バクテリア剤も一応ちゃん考えられてるんですが
    我々の水槽環境じゃ偏った活動をしてしまうようです。
    かと言って、環境整えるとなると、物を揃えるの面倒ですしね・・

  5. みみどら says:

    こんにちは。こちらでは初めましてw
    いや~、勉強になります!

    ずっと前に商品のボトルに「売れてます」とシールが貼られているのを見て
    お店の人に聞いてみたら、やっぱりメーカーが自分で貼って出荷してたって話を思い出しましたw
    それがいい商品なのかどうかは知らないけど、かえってアヤシく感じるって!w

    だいたい、バクテリア剤って、密閉されてるし
    運ばれたり、商品棚に並べられたりしてる間に中のバクテリアは死んでしまわないのかが不思議です。

  6. ebita says:

    みみどらさん

    こんにちは!
    いらっしゃいませ~♪

    色々製法はあるらしいのですが、お聞きした内容では
    ほとんどは休眠させた物で、カプセル化もできるらしいです。
    ただ、菌が入っていても活動するかは不明w
    休眠したまま活動しない菌もいるようです。
    私が以前使ったものの中に、それらの活動を促す物が入った小瓶
    が付属で付いていた商品がありました。
    そういった物を選べば良いかと思います。

  7. みみどら says:

    あ、その活動が促す物が入った小瓶付きの商品ってアレですかね?
    アレじゃわからないかw
    以前、買ったものが、箱を開けたら変色していて、
    臭うとメッチャ臭くて、鼻が曲がるかと思いましたw
    メーカーに電話したら、即対応してくれて、非常に好感が持てる応対でした。
    そこのはいいものだと信じたいですー。

  8. キボーデコ says:

    こんばんは、リンク再設定しました♪

    バクテリアは本当に種類が多いですよね。
    何のバクテリアが入っているのか何も書いていない物は
    信用できないです。

    比較的バイコムさんの商品は良いと感じました。
    高いですけど(>_<)やっぱり良い物は値段も良いですね(^_^;)

    今回の記事勉強になりました。

  9. ebita says:

    みみどらさん

    それはやばいですw
    そうなった物を使用すると一発でエビやられますよ!
    とにかく雑菌に弱いのが甲殻類!

    こういう添加剤って意外と消費期限が短いんです。
    なので、常に新鮮な物を使用するようにした方が良いです。
    お店の管理も大事ですし、何かとリスクがついてきますね・・・

  10. ebita says:

    キボーデコさん

    リンクありがとうございます♪

    菌の種別を明記しているところはほとんど無いですね!
    1~2社くらいじゃないでしょうか?
    ここら辺は企業秘密もあるかもしれませんが
    明記してあれば多少は安心ですよねw

    確かにこれら商品は高価ですよね、開発費・維持管理を考えると
    どうしてもそうなってくると思います。
    この分野の日本って遅れてるんですよ・・・
    開発費対利益が見合わない物は研究したがらないのでw

  11. ゆかちゃん☆ says:

    水温30度じゃ、ビーが☆になっちゃいますもんね・・
    入れたほうがいいかなぁ?と思う、初めて立ち上げる時に使うことはあるけど、
    値段と相談して買ってしまいます
    ディスカスに、PSBをドボドボ使ってた13年前が懐かしいです、、
    今考えると、無駄で勿体無い(自爆
    水槽環境は千差万別、十人十色には、納得です(^-^ )

  12. ebita says:

    ゆかちゃん☆さん

    エビで30℃は無理ですねw
    パイロットは入れずにバクテリア剤だけでいかないと無理っぽいです。
    ただ、高いですよね~~w 余裕があればいいですが、私にはそんな余裕が無いww

    PSB流行ましたね~
    カプセルみたいなのに入れておもり付けたりね~
    当時は何も知らずに使ってましたよw

  13. ceramic watches says:

    This is a good post, please continue the good work with this blog!

  14. ebita says:

    ceramic watchesさん

    Thanks!

Leave a Reply

*

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.