詰め替え製品

あらゆる水産飼料がエビ用として詰め替えられ販売されているようです。
製造しようと思えば製造できます。しかし、それだと価格がはね上がる為出来合いの飼料を使った方がコストが安く付きます。詰め替え自体は問題ありません。ただし、虚偽の表示やうたい文句を記載するのは詐欺行為であります。そういった製品は自分で見極め購入しなければなりません。情報不足による損はしないよう是非知識を得てください。

◎バナナ粉末が入っている小さな円柱形のエサは、日本農産の車エビ飼料です。それに適当に名前を付けてシュリンプフードとして販売されています。未だに車えび飼料の詰め替えは行われています。

◎古くからアワビ用飼料はシュリンプ用のエサとして詰め替えられてきました。当ブログ記事「あわび飼料」をご覧ください。

◎エサならまだしも、肥料をエサとして詰め替え販売している製品もあるようです。

◎おとひめ、フィッシュボン、科飼研のリッチなどは魚類用として販売されています。

エサで死ぬという事はほぼありません。むしろ、毒物を使用せずに殺すことができるエサを作るほうがどれだけ難しいことか、よほど古いエサでも症状が出るまでに数年は掛かるでしょう。だからと言って、本来必要としない成分を過剰摂取させていると、本来の生殖機能に障害をもたらし、次の代へ支障をきたす事につながります。脱卵などが良い例であり、ホルモン分泌の異常と考えられています。
専用エサでなくとも育ちます。しかし、我々が単に適当に配合している訳ではない事はすでに7年の実績として出ています。
本格的にエビの飼育をされる場合は当製品を選択の一つとしてお考えいただけると幸いです。原料配合を一から計算している数少ないシュリンプフードメーカーEbita Breedです!

Comments are closed.