詰め替えの見分け方

3月半ばというのにこの天気
この雪にはいい加減にしてほしい今日この頃です。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

更新が空いてしまいましたが、公私ともにこの季節は色々と動き回っていました。おまけにこの雪です・・・疲
いつもだと筋肉痛になってそれを乗り越えて・・と言う感じなのですが、最近は筋違いを起こしたり明らかに体を痛めている感じです。年はとりたくないですね・・・

新しい製品も雪が消えてから作業を始めようと考えているのですが相変わらずの雪。しかも結構な量なので当分残りそうな感じがします。今月末から4月はじめ頃には機械を出して作業開始します!

さて、色々と餌について説明してきました。交流のある方は餌についての情報が入りますのでどういう扱い方をするべきか分かっていらっしゃいますが、圧倒的その他大勢の方達は餌についての情報を分かっていないので私としては非常に残念です。多少しつこくても繰り返し繰り返し少しずつ浸透してくれれば本望です。
今回は詰め替え物の見分け方を少し説明します。
何度も申し上げている通り、製造量の圧倒的多さから採算が取れないと言う理由で水産飼料や他の餌を詰め替えて売るというのが一般的となっています。
これらの方法は個人、法人問わず行われており、大手・中堅会社でも平気で行っています。
エビの餌の詰め替えは大きく分けて5種類ほどあります。
①あわび用飼料の詰め替え
②クルマエビ用飼料の詰め替え
③肥料の詰め替え(ぼろぼろ崩れるペレットタイプ)
④その他水産飼料、鯉、金魚、鮎など
⑤きちんとオリジナル製造を行っている所

もちろん、Ebita Breedは⑤オリジナルで製造しており、他社と決定的にちがうのは私自身が設計し、原料も持ち込みで委託製造しているところです。⑤のようにちゃんと製造をおこなっている個人、法人ももちろん存在します。そこをどう見分けるかが問題です。詰め替えが悪いわけではありません。しかし、あわび用はあくまであわび用、クルマエビ用は動物性原料が60%以上であり、動物性コレステロールの配合が高すぎます。クルマエビと観賞エビの大きさの違いを見れば一目瞭然です。それぞれ必要量は違い、それに合わせた設計をするのが本来であり、それをあたかも良さそうに説明することは本末転倒ではなかろうか?
ちなみに、クルマエビ用は結構臭いも強くオレンジ色~茶色ぽいペレットタイプが多く使用されています。ペレットの長さは様々ですが、大きい物はより大きなクルマエビに与える配合となっていますので我々が飼育するエビには適しません。もし、どうしても使用するならより小さな粒を選びましょう。日本農産の餌はバナナ粉末を配合するのがお得意であり、それら原料も取り扱っています。クルマエビだけでなく鮎用など様々配合されていますのでバナナ粉末やバナナポリフェノールなど書いてあるとそうだったりします。ウーパールーパーの餌などにも使用されているようです。

あわびの餌は元々某大手が貝の餌として販売したのがきっかけでした。そこから昆布配合が一般化しましたが、実は昆布その物には大して嗜好性はありません。これは結構誤解している方が多いようです。あわびの餌は海藻が中心ですが、配合は企業秘密なので教えてはくれません。なので、売っている本人も配合を知らずに売っているわけです。確かクロレラもほうれん草も入っていないと思いましたが??
あわび飼料
↑アワビ用飼料。比較的綺麗な切り口や粒形状をしています。丸いタイプや真ん中の大きいタイプ、小さな小粒タイプなど皆さん見た事がある、もしくは実際に持っていませんか?

比較的多いのはクルマエビ用とアワビ用ですが、それではばればれなので違うタイプの物を選ぶところもあります。水槽に入れるとボロボロと崩れる円柱形のペレットは肥料に多いタイプです。比較的臭いも抑え気味、白っぽい物や茶色、ぼかし海藻などの肥料がそれに当たり、珪酸白土や貝化石が含まれるもの等様々、発酵しているのである程度嗜好性があります。これは判断がつきやすい部類と言えるでしょう。

自分の身は自分で守るではありませんが、自分で判断して購入しなければなりません。それを知っているのと知らないのでは必ず差が生まれます。きちんと製造を行っているところはちゃんと存在します。先ほども書きましたが、Ebita Breedはきちんと製造しており、詰め替えた製品ではありません。それにも関わらず秋田県からわざわざやってきて詰め替え製品であると噂を流すメーカーまでいます。
商品で勝負するなら分かりますが、噂を流して潰そうとするとか汚いにも程があります。
話が飛んでしまいましたが、自分を棚に上げてそういった嘘の情報を流すメーカーもいますので見極めは難しいかもしれません。しかし、前述した内容から大体把握できると思いますので是非参考にしてください。
真面目に取り組んでいるメーカー・ショップが報われる事を切に願います。

Comments are closed.