製品の差別化

Win10になってからしばらく経ちましたがなれません。
7やXPがどれだけ優秀だったことか、もう進化しなくていいのではないかと思うくらい
ま、そう思うのは中高年だけでしょうきっと

さて、当製品は明らかに他社製品とは違う差別化ができていると自負します。
何がどのように良いのか、何がどう必要なのか?
同じことを何度もここで説明はしませんが、そいった意味で製品の有意義性はどのシュリンプフードにも負けるつもりはありません。これが10年以上やってきた、やってこれた軌跡と思っています。

何がどう良いのか?
こだわりはいくらでも簡単に言うことはできます。
誰が何をこだわったのか?
知らない誰かがこだわったところでそのこだわりはどう良いものなのか?
作るのが大変?手間が掛かれば良いものなのか?
拘りの意味を勘違いしないよう本質をみる事が大事と思います。

使いやすさは確かに大事です。固いから嫌だとか確かに大事でしょう。
私は機能性が何より大事な要素と考えています。
その為若干扱いにくさもあるかもしれません。しかし、使いやすさだけで内容は二の次にはしない方が得策です。何故なら結果がエビに出てしまうから。
Ebita Breed製品は工場で製造しております。製造に直接かかわる事はできないのでそういうところで妥協せざる得ない箇所は確かにあります。それもクリアできたらどれだけ良くなることかと常々思いますが・・・それを考えるとキリがありませんね。
しかし、そういった所もクリアしていけるよう常にアンテナを張っていかなければと考えておりました。

今年も、来年も、この先ずっと
良い意味で差別化された商品を!

Comments are closed.