アクアリウムの給餌

初夏の草の匂いって結構匂いますよね
決して嫌いな匂いではないのですが
朝の山でのムンムンさは具合が悪くなるほどの匂いです。。
特に草刈りなどしてたら益々匂います。
母が学生の頃、先生がこの匂いは”草の血”の匂いだと聞かされたそうです。
まさにその通りですね
すでに暑くなり始めていますが皆さん高温対策はお済ですか?
今からでも遅くないのでクーラーなり扇風機なり用意した方が得策です!

さて、本題である給餌
我々が水槽で飼う水棲生物、魚、甲殻類、貝類、両生類、昆虫など様々
知能の低い彼らと唯一触れ合える給餌という作業
むしろこれしか彼らと繋がれないといっても過言ではないほど大事です。

種別によりそれぞれ与える量は異なりますし、同じであっても状態により与える量は異なります。
いったいどの程度与えるべきなのか?
単純に与える量は生体の内臓である腸の大きさを目測で考え与えるのが一番簡単な方法でしょう
魚類ならお腹を見てこの程度でいっぱいだろうという量を匹数分与えます。
私たちが思うより意外と少ない量だったりします。

与える回数は魚類なら、数口で食べてしまうような少ない量を数時間おきに与える
というのが理想ですが、私たち人間にも生活ってものがありますのでそうそう面倒をみてはいられません。なので一日2~3回、内臓の大きさから大体を想像し与えます。
甲殻類も理想は常時食べられる状態が理想ですが、そこまでつきっきりになれる人はそうそういませんからね(笑
ある程度入れて余りすぎなら取り出す、不足なら足すという感じで良いでしょう。

両生類にしても昆虫にしても、体の大きさ内臓の大きさから大体の目測で見当はつくはずです。体は小さくても彼らは意外と大食漢、一度に食べられなくても消化しながら次の食物を探し始めます。

これからやってくるであろう夏場の高水温から給餌回数は増減していかなければなりません。水換え、水温の調整など生き物を飼う我々には手間が掛かる時期ですが、今一度エサを与える量や頻度を考慮してみてください。何かしら改善の余地があるかもしれません。

Comments are closed.