エサ

「おとひめ」で十分!御託なんて必要ない!
それもいいでしょう。
しかし、その結論を出すとそこで終わってしまう。
観賞魚・エビとしてそれ以上の成長や発展はそこ止まりになってしまいます。

観賞魚は食用魚ではありません。脂の乗りや食味を考える必要はありません。
成長すればそれでいい?観賞魚はちょっと違うのではないでしょうか。
試行錯誤し、研究することは悪いことではありません。
そこからまた何かが生まれる可能性があります。
その小さなことの積み重ねで更に改良されていくのが物です。

少なくとも、観賞に関わる拘りや心情があれば底なしに追及するのがマニアの特徴です。
扱うルールを守りつつ、追及していくことを批判するのはおかしな話です。
拘って何が悪い?
実際、脱皮不全は10年前の惨状から改善されている。子もとれる。結果は出しています。
私はこの先も拘っていくし質で負けるつもりもありません。

エサはどれも同じじゃない。

Comments are closed.