新製品「ヘルシーラブスター金魚」

皆さまお久しぶりです。
更新が滞り死んでいるのではないかと思われたかもしれませんが。。
今期はお陰様でいろいろと動きがありあたふたしておりました。
早速ですが以前より申しておりました新商品の告知をさせていただきます。
商品名は「ヘルシーラブスター金魚」名前の通り金魚用のエサです。

まず、このヘルシーラブスター金魚、すでに世に出て8年ほどと先行販売店の尽力により今では知る人ぞ知る金魚用のエサとして販売されています。今では日本でも5本の指に入ると言っても過言ではない金魚のエサです。

製造元である㈱BX商会の社長とは私がエビタブリード開始当初からのお付き合いですでに12年となります。その頃は私もBX社の社長も若かったのですが12年という月日は過酷ですね。
ま、その話はともかくそのご縁から取り扱いの問い合わせがあり今回商品化する運びとなりました。

金魚用のエサなんてみんな同じだろう?そんな事はございません。
他社製品とヘルシーラブスター金魚の大きな違い、それは”乳酸菌・麹菌・納豆菌・酵母菌”など死菌として配合している点です。
現在各社様々な菌類を使用し差別化しており、生菌・休眠状態にしている元々金魚が持ち合わせていない菌類が配合されている物が多く見受けられます。
それが悪いとは言いません。しかし、もともといるであろう常在菌はどうなっているのか?その後その菌類はどうなっているのか?そこは分からないのが現実です。
明治のLG21ヨーグルトはピロリ菌を抑制する効果があるそうですが残念ながら胃の中で定住できないらしく食べ続けなければなりません。これは人間用の話ですが・・・

金魚用に配合された菌類がその後どうなっているのかは未知であり、与え続けることによりリスクが生じる可能性も無きにしも非ずです。
残念ながら我々日本人は生きた菌が良い物であるという勝手なイメージを持っているようです。

ヘルシーラブスター金魚はそれら他社製品とは異なり真逆の”死菌”を配合している点です。どうなのか分からないものではなく、定説としてそれら死菌や副産物をエサに本来金魚が持つ常在菌を育てることにより免疫賦活化を促します。あえてぶくぶく太らせず、健康に長寿を目指す。これがヘルシーラブスター金魚が他社製品と大きく異なる点です。

更に、粒が小さめのクランブルタイプである点です。
大は小を兼ねず、小は大を兼ねるのが観賞魚のエサ。大きな粒は大きな金魚しか食べられませんが小さな粒は大きな金魚にとっても消化しやすい意味でメリットがあります。水を含みやすく消化の良い粒形状です。

安価な水産飼料を使用し大きく太く育てる事が良かれとされ、代々引き継がれていく遺伝の事や長く生きてもらう等”ペットとしての金魚”の存在価値がまるで感じられない生産者が少なからずいます。お金でしかない彼らにとってまるで必要のないエサであるのは違いありません。
魚類は与えられたもので生きようと自分を環境に合わせます。偏りにより欠損や奇形が多くなりやすく、そうなるまで症状が見えにくいのものです。
金魚は食用ではありませんので脂の乗りは見る必要はありませんし美味しくする必要もありません。
最終的に金魚をペットとして飼っていただくお客様にそれら水産飼料とは全く違う事を是非ご理解いただけると幸いです。

お求めは全国のお取り扱い店にてお願い申し上げます。

Comments are closed.