ソイル

更新もままならず今年も残すところわずかとなりました。

皆さんいかがお過ごしでしょうか?
私は先日階段から滑り落ち痛みに悶絶しておりました・・・
子供のころに何度か滑り落ちたことがありましたが、まさかこのタイミングで落ちるとは(-_-)
背中を強く打ちまして、背を床に寝転がるとタオルの寄れがあるかのように盛り上がっています。
そんな感じで変わらず一応生きてはいます。

さて、話は変わりますが
よくソイルを使用して立ち上げると何かしら不明な芽が生えていつのまにか無くなる事があります。焼成してるのになぜ?もしかして焼いてないの?なんて思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
工場により工程や設備が違うので多少差はありますが、整粒・焼成後できたてほやほやのソイルは湯気が立ち上り非常に熱い状態でコンベアから流れてきます。すぐに袋詰めすると水浸しになるほどの水分がありますのでしばらく粗熱を取るために乾燥させます。この時、屋内乾燥するところもあれば屋外乾燥を行うところもあります。使用目的により水分量を調整したソイルは袋詰めされ、たまに乾燥時に飛んできた雑草の種が入り込んだ物がでてくるというわけです。
水草じゃありませんからそれら芽が育つことはほとんどなくいつの間にか消えてなくなるのはその為です。
ソイルにどこまでの品質を求めているかはお客様により様々でしょう。ただ、一つ覚えておいていただきたいのはソイルは土である。当たり前のことですがソイルは食べられません。どんなにきれいに作業を行っても所詮”土”です。決して綺麗な物ではないことを忘れないでください。

水槽の低床材としてソイルは一般的ですが今や畑の土すら購入する時代です。
昔はどこにでも畑や田んぼがあり、どこの家にも埋めたり生やしたりする土場がありました。
土も水も売ってるんだからそのうち空気も売るんじゃないか?
いや、すでに売ってますね酸素ボンベ。二酸化炭素も売ってるしタイヤに充填する窒素も(笑

備えあれば憂いなし

皆さん息してますか~!(笑

さてさて11月です。
今年も残りわずか2か月足らず、今年はいったい何をしてきたのか?
と言うより、私の場合今年も何をしていたのか?といったところ。
こんな調子で来年も生きていけるのか微妙なところです。

さて、最近少しずつですが備えを始めています。
今までは主に地震に対して考慮していましたが、最近じゃお隣の国の事もありますし。
備えあれば憂いなしってことで行動を起こしています。
大震災の時は電気が止まり非常に不便な生活でありましたが水道とガスは使用できていました。
その為、冷蔵庫は使えないものの水も熱源も使えていたので直撃をうけたところほど不便ではありませんでした。
水も使えない、ガスも使えない状態になった場合いったいどうなってしまうのか?
最近はそれらも考慮した備えをしていこうと行動しています。
震災以来車のガソリンはまめに給油するようにはしていましたが食料の確保はしていません。先月あたりから米の買い置きを増やし。即席ラーメンや乾麺、そばつゆ等、火があれば食べられる物を中心に買い置きしています。消費期限を見ながら古い物は日常で食べるようにし減った分は買い足すの繰り返しです。あとはティッシュやトイレットペーパーも少し多めに買い置きしています。
水が使えなくなった場合を考えるとぞっとしますね・・・給水車がきてくれればいいですが、手が回らないような状況に陥った場合、トイレは流せない水は飲めないと最悪な状況になります。水に関しては風呂の水をすぐに捨てず次の日入れ替えるまで取っておくことにしています。ま、少しでも無いよりはマシ程度ですがトイレを流すくらいは使えるはずです。
水に関しては国に頼る以外手はないですよね。地下水を引いているところはその点最高ですね。

震災時、ガスは大丈夫だった為普通に煮炊きができましたが、もしも使えない場合熱源をどうやって確保するか?
私はアウトドアな人間ではないのでそれら用品は持ち合わせていません。なのでここ数日Youtubeを参考にamazonを物色しています。アルコールストーブやソロストーブなるものを揃えようかと考えているのです。
見てたらあれもこれも欲しくなってしまい、しまいにはソロキャンプにまで興味を持ち始めています(笑
軽キャンプカーとかいいね~あれで旅行に行きたい!なんて思い始めるくらいです。ま、そんな感じに脱線し目的が変わっていけるうちはまだまだ平和な証拠なのでしょう。
何の前触れもなく災害は突然やってきますので、皆さんもそれなりに備えをしておいて損はないかと。

その後の津軽錦

なんと、今日はあられが降りました。。
寒いわけですね。北海道の山岳部には雪が降ってるとか
秋が無く冬に突入してしまいそうな季節感です。

さて、以前津軽錦のお子様を二匹お迎えしたその後ですが

大きくなりました!
一匹は一般的な赤みが出ており、頭と尾の先部分に白が出ています。もう一方はまだ黒いままです。

大きさは黒い方が大きくコロコロとしており、赤い方は活発でよく動きます。
それでも人がいない時はほぼじっとしている感じで、人の気配を少しでも感じるとエサをよこせと激しく動き回ります。和金のような力関係はほぼ感じられず非常にゆったりと落ち着きのある金魚です。激しさが全く無く見ていて落ち着きます。
金魚ってこんなかわいかった?と最近妙に感じます。ずんぐりむっくりの琉金やらんちゅうタイプはやはり良いですね。
この先色合いがどうなっていくのか楽しみですが、黒いままいく子もいるらしいのでそれはそれで私的にはいいかな~と。
とにかく元気に育ってくれればよしとします。

動く政治

衆議院が解散、「10月10日公示、22日投票」の予定で選挙がされることになりました。
大儀なき解散など言われておりますが、安倍さんにしてみれば本来なら予定ではなかったはず。決して良いタイミングではない選挙ですがやらなければならなくなってしまった。というのが素人でも感じ取れます。
蓋を開けなければ分かりませんが北朝鮮に関わる問題が動き、来年は選挙どころではない状況が生まれると世間ではまことしやかに言われているようです。それに合わせ裏社会の編成にもつながっており、芸能やプロモーター、パチンコ関連も大きく変わっていくとかいかないとか。

解散総選挙で政界が激変しておりますが、結局のところ看板の付け替えで中身が同じ人達、それをわかっていながらメディアに流されていく人たちがいることが残念でなりません。まるで勢いがあるような、人気であるような映し方はいかがなものかと。かつての交代劇が頭をよぎります。
既存与党が決して良いとは言いませんが野党の力の無さにはがっかりさせられます。単に足を引っ張り続けるのではなく、日本のため国民のための野党が全く機能していない。というか無くなってしまったことが何より政治をダメにしていると。
与党と野党のバランスは非常に重要で野党の監視に身を引締めながら政治をこなすのが与党の務めです。少数派が大多数の足をひっぱる構図は間違いであり、大多数の中における間違いをただす監視が重要かつ必要である。
正常に動く与党と野党ができてくれれば政治不信は軽減されるのではないかと。今までがあまりにもひどい状態だった。それは誰が見てもそう映っていたことと思います。
今回の選挙でそれが正常化できればいいのですが・・・ま、流される世間も含めて日本なのでしょう。

私個人的に左右に振れすぎた政治思想は極論でありそこに王道は無いと考えています。
間違っているとは言いませんが少数派が大多数を引っ掻き回すって迷惑以外の何者でもないですよね?
バランスって大事じゃないでしょうか?
自分の思想の世間における立ち位置をわきまえた行動と言動、政治家として大事な要素であると思います。押し付けではなく提案、多数・少数派としてのわきまえと行動。
投票日までに彼らの理念を踏まえ投票に行くこと。これ大事です。
今回の選挙で少しでも政治の安定化が図られることを切に願います。