あけましておめでとうございます

ベビーシュリンプフード

皆さまお久しぶりでございます。
相変わらず更新もない状態でありますが気が向いたので記事を書きました。

製造者が声を大にして言いたい!ベビーシュリンプフード!
以前も少し説明しましたが内容は粉末フードとなります。
粉末故に扱いずらい、水が汚れやすいと敬遠されがちなのが非常に残念であります。
私たちがアクアリウムで飼育している小さな生き物達のほとんどは少量ずつ常に食べる食性です。小型になればなるほど寿命も短く餌を探す行動を常に行う傾向があります。
少しずつ常に食べ続け、稚エビ期の”生き残りと成長を促す”これらに合致した形状が粉末タイプを採用した理由です。

少々面倒かもしれませんが溶かす使用方法をご説明します。
1,まず適当な容器を用意します。画像の容器はたぶん養命酒のかな?

2,飼育水を適量容器に移します。 3,飼育水を入れた容器にベビーシュリンプフードを適量入れます。 4,よくかき回しエサを水になじませます。 5,あとは水槽に投入するだけです。 固形の残り餌を取り除くのであれば水の汚れという意味で多少差はあるでしょう。しかし、取り除かないのであれば粉末であろうが固形であろうが汚れは大して変わりありません。それより何より死なずに生き残るようにする事が私達の目指すところかと思います。生き物を飼っておいて汚すのが嫌だからというのは本末転倒です。 そして、ムックリワークや微生物云々の物とは明らかに違い、ベビーシュリンプフードはその名の通り飼料です。エサです。糠やフスマ、カニガラではありません。ホルモンバランスを整え脱皮不全を防ぎ、成長を促し歩留まりを改善、エビを生かすために必要な食物が含まれる専用の餌です。 更新も少なく生きてるのか死んでいるのか分かりずらいですが製品にたいしての情熱は相変わらずです。今まで敬遠されていた方も他社製品にはない確かな品質を是非お試しください。

そして、本年もご愛顧いただき誠にありがとうございましたm(__)m
来年も何卒宜しくお願い申し上げます!

秋本番

皆さまお久しぶりです。
今年も残すところ約3か月、早い、早すぎる!というセリフも飽き飽きしてきましたね。
相変わらずただただ時間だけが過ぎていく日々を満喫しております。

業務用シュリンプフードTYPE-Aの入荷が遅くなっておりました。工場の飼料乾燥機が故障しているらしく生産がストップしております。入荷までもうしばらく掛かりそうです。
大変申し訳ございません。

 さて、エビの餌の種類がほとんど無かった一昔前、どこに行っても「ひかりエビ」しか売っていませんでした。魚の餌も同じくどこに行っても大手の飼料、同じものが同じように並んでいる状態です。”選択”ができないというより皆無、価格まで揃えてる?という状態で売られています。
 10年くらい前までは大体そうでした。今でこそ多少差別化が図られてきましたが拘りが無いホムセンなんかは今でも変わりません。もちろん大手の物が悪いわけではありません。ただ、少しの拘りや大手の物が合わない場合もあります。というより多々あります。エビ・金魚は特にその傾向が強く、エサ選びは結構重要だったりします。

 配合が違えば育ち方も変わる。非常に見えづらいが長期で差がでます。昔のエビ餌はクルマエビ飼料の詰め替えやアワビ飼料の詰め替えなどが多くありました。それも現在はだいぶ減りましたが・・・
 それらは結局、クルマエビの餌であり、アワビの餌であり、レッドビーの餌ではありません。クルマエビ飼料のイカミールやイカ肝末など、クルマエビの大きさにもよりますが数%~20%配合と非常に多く配合され、動物性原料はゆうに70%を超えます。そもそも、数百倍も体格の違うエビと一緒に考えることはナンセンスであり、それ以前に淡水と海水の違いを見て見ぬふりはできません。あれから数十年経ちましたが今更ながら答えは出ています。ま、やってた人が増やせないんだから確かでしょ。。

 当時の大手は良くも悪くも教科書通りの配合、より専用性を考慮し100%植物性と動物性を含む二種類のエビ餌を販売したのがエビタブリード、良い意味で差別化が図られたと思っています。新しさはすでにありませんが一つの正解であると自負する配合、もちろん答えはいくらでも出てくるのが配合ですが、出来合いの水産飼料や肥料とは違う専用性が何より重要です。エサを選ぶ際、そういった内容も考慮して選んでいただけると非常に助かります。

 「プロバイオティクス」を観賞魚飼料に初めて持ち込んだのが当金魚の餌を製造しているBX社の社長でした。現在は当たり前のように配合されていますよね?私たちは小さいが故に大手にはできない、やっていない事で差別化を図り製品化しています。私たちが大手と同じような物を製造していたら、それこそどこぞのホームセンターの売り場と変わりありません。違いがあるからこそ店頭でのラインナップが生きてきます。その選択性はお客様にとって、私たちにとってプライスレスではないでしょうか?

 私どものエサは、きちんと設計し飼料工場で製造している本物であり、他社とは一味違うコンセプトを持ち合わせています。
お一ついかがでしょうか?

新製品「ヘルシーラブスター金魚」

皆さまお久しぶりです。
更新が滞り死んでいるのではないかと思われたかもしれませんが。。
今期はお陰様でいろいろと動きがありあたふたしておりました。
早速ですが以前より申しておりました新商品の告知をさせていただきます。
商品名は「ヘルシーラブスター金魚」名前の通り金魚用のエサです。

まず、このヘルシーラブスター金魚、すでに世に出て8年ほどと先行販売店の尽力により今では知る人ぞ知る金魚用のエサとして販売されています。今では日本でも5本の指に入ると言っても過言ではない金魚のエサです。

製造元である㈱BX商会の社長とは私がエビタブリード開始当初からのお付き合いですでに12年となります。その頃は私もBX社の社長も若かったのですが12年という月日は過酷ですね。
ま、その話はともかくそのご縁から取り扱いの問い合わせがあり今回商品化する運びとなりました。

金魚用のエサなんてみんな同じだろう?そんな事はございません。
他社製品とヘルシーラブスター金魚の大きな違い、それは”乳酸菌・麹菌・納豆菌・酵母菌”など死菌として配合している点です。
現在各社様々な菌類を使用し差別化しており、生菌・休眠状態にしている元々金魚が持ち合わせていない菌類が配合されている物が多く見受けられます。
それが悪いとは言いません。しかし、もともといるであろう常在菌はどうなっているのか?その後その菌類はどうなっているのか?そこは分からないのが現実です。
明治のLG21ヨーグルトはピロリ菌を抑制する効果があるそうですが残念ながら胃の中で定住できないらしく食べ続けなければなりません。これは人間用の話ですが・・・

金魚用に配合された菌類がその後どうなっているのかは未知であり、与え続けることによりリスクが生じる可能性も無きにしも非ずです。
残念ながら我々日本人は生きた菌が良い物であるという勝手なイメージを持っているようです。

ヘルシーラブスター金魚はそれら他社製品とは異なり真逆の”死菌”を配合している点です。どうなのか分からないものではなく、定説としてそれら死菌や副産物をエサに本来金魚が持つ常在菌を育てることにより免疫賦活化を促します。あえてぶくぶく太らせず、健康に長寿を目指す。これがヘルシーラブスター金魚が他社製品と大きく異なる点です。

更に、粒が小さめのクランブルタイプである点です。
大は小を兼ねず、小は大を兼ねるのが観賞魚のエサ。大きな粒は大きな金魚しか食べられませんが小さな粒は大きな金魚にとっても消化しやすい意味でメリットがあります。水を含みやすく消化の良い粒形状です。

安価な水産飼料を使用し大きく太く育てる事が良かれとされ、代々引き継がれていく遺伝の事や長く生きてもらう等”ペットとしての金魚”の存在価値がまるで感じられない生産者が少なからずいます。お金でしかない彼らにとってまるで必要のないエサであるのは違いありません。
魚類は与えられたもので生きようと自分を環境に合わせます。偏りにより欠損や奇形が多くなりやすく、そうなるまで症状が見えにくいのものです。
金魚は食用ではありませんので脂の乗りは見る必要はありませんし美味しくする必要もありません。
最終的に金魚をペットとして飼っていただくお客様にそれら水産飼料とは全く違う事を是非ご理解いただけると幸いです。

お求めは全国のお取り扱い店にてお願い申し上げます。