若さ

先日、息子と朝からウォーキングに出かけまして、小1時間ほど歩いてきました。

キャップをかぶっていて汗がびっしょり。髪がどうなっているか気になり鏡がないので自撮、その画像を見て愕然としてしまう。

なんだこのひどい顔は、傍から見るとこんなひどいのかとへこんでしまう。初老もいいとこ。体力もなくクタクタ。そんな俺にむかって息子は「しっかりしろ、ふとっちょ!」呼ばわりだ。せめてデブと言われた方が潔い。

時間の経過とは容赦ない、こんな俺もかつて16歳だったし21歳だった。

嫁は23歳のぴちぴちだった。そりゃもう毎晩・・・冗談はさておき

そんな若かりし頃の青春などもう二度と戻ってこない。

美しい純愛など欠片も無い。

生物としての価値がまるで無くなってしまったかの様である。

しかもだ、巷で良く聞く歳をとると涙もろくなる伝説

あれは伝説ではない、見たことも無い感動物の映画やアニメの予告を見ただけで涙がでてくる。

ましてや、見たことのある映画なら尚更だ。節子が隣に座るシーンを見ただけで涙がこぼれる。その自分の姿は決して見れたものではない。いや、むしろ醜い。

しかしだ、この時間だけは皆平等に経過する。金持ちでも貧乏でも、母親にBBAと言って罵倒するJKも、30代におばさんという20代も、生きている時間がずれているだけだという事を忘れてはいけない。おまえもおばさんだしおじさんなのだ。
そうは言っても、若さは確かにすばらしい。

人生が80年ならそのピチピチな状態はたった1/4しかない。

その短い貴重な時間を有効利用しない手はない。出来なかった人間の青春ロストは後々障害を招くことになる。30代の人間がまるで10代の真似事など痛々しいし下手するとやけどをする。

何が言いたいかってそりゃ、若いうちに何でもやっとけ!

もっと書きたいけど目がしょぼしょぼで限界
今日はここまで・・・

夢と言うと皆さんどちらの夢を思いますか?

寝て見る夢、将来の夢

将来の夢についてちょっと考えてみたいと思います。

皆さんは夢がありますか?もしくは夢をかなえましたか?

私はある意味かなえた、そしてある意味見失ったとも言える状態です。

私の話は置いといて、たぶん一般的な夢を言うなら、かなえられる人ってのはごく一部ではないかと。もちろん夢の大きさもあるでしょう。サッカー選手になりたい。プロ野球の選手になりたい。大なり小なりあるはずです。

私は最近思います。夢を諦める必要はないのかもしれない。例えば、オリコンランキングに載るほどの有名な歌手になれなくても、歌手として生きていく道もあると。

歌手にもいろいろあります。例えば、アニメの主題歌を歌う、ゲームの挿入歌を歌う、地方のCMの歌を歌う。規模は違えど同じ歌手です。そこに才能が加われば一発屋にでもなれる。

一発すら当たらないより一発でも当てるのはすごいことじゃないでしょうか?

サッカーの選手になりたい。社会人チームでもサッカーの選手だ、もちろん上も目指したいなら目指せばいい。

かなうかなわないはその次、目指すことで人は満足感を得られ生きる糧を得られる。それは継続の元になる。

もちろん、到底かなわない夢は夢ではない。80歳のジジイはアイドルにはなれない。

クリムゾンのエビを超えるんだ!いいじゃないですか、目標は大きくもって悪いことは無い。

目指すのは自由だ。どこで咲くか分からない。何が得意なのか分からない。もう探すしかないだろうと。

何歳でもいんじゃないか?

ほとんどの人間は実際に行動しない。だいたい口だけだ。

まずは最初の一歩

諦めたそこのおじさんも、隣のおばさんも、追いかけてみようじゃないか!

僕は遠慮しときますけど

ヒーター

更新頻度が落ちてきてしまっています。
さすがにネタがなくてどうしたものかと・・・

昨晩の帰り道、信号待ちで止まっていると外から歌声が聞こえてきました。それがどんどん近づいてきてなんだなんだ!と

すると、メガネをかけ白いYシャツにネクタイ、斜めがけバックを背負った30代後半くらいの会社員らしき男性が自転車に乗りながら大声で歌っています。

え~~~・・・さすがの私もかなり引いてしまいました。

しかも合唱部のような発声です。

皆の注目の的でした。いやいや、ある意味大物でしたよ

さて、秋ですね
こちらは朝晩寒くて大変です。
水槽のヒーターもそろそろ稼動させなければいけない季節になってきました。
私はニッソーのサーモが比較的好きで使用しています。
古い物はすでに12年以上経過してますがまだ使えています。
今の物がどうなのか分かりませんがまだまだ古いストックがあるので活躍しそうですね。ただ、ヒーター関連は不都合も多いので気をつけなければなりません。火事につながったりしたら大変ですからね。GEX社製など交換を行っている商品もありますのでご使用前に必ず確かめる事をオススメします。
また、水量に合わせたヒーターを使用しないと無理がかかったり設定温度に達しないなど問題が出てきます。必ず水量に合ったヒーターとそれに対応したサーモスタットを使用しましょう。

という無難で当たり前な内容で締めくくりました。
これを手抜きと見るかどうかはあなた次第です。

暇つぶし

昨日の夜、帰宅途中でのこと

赤信号で車を停めてふと見ると某会社の独身寮の前に一台の車が停車している。
その車から秋元梢、シシドカフカのような背の高い黒髪のスーツを着た女性が降りてきました。それだけでもちょっと異彩を放っていたのですがその女性、へそあたりで両手を重ね綺麗に車に向けて頭を下げお辞儀。
しばらくしてその車はちんたらと発車、すると頭をあげ、その姿勢のままず~っと車を目で追っていました。たぶん見えなくなるまでみているつもりなのでしょう。
今時珍しいな~と思いつつ、その光景に昭和チックさを感じた私は車にどんな人が乗っているのかが気になってしまい、すれ違い様見てみようと計画。ちんたら走っていたその車に追いつくのは簡単でした。そして追い越しざま隣を見ると、予想とは違う降りた女性より若そうな女性が乗っていました。
え~~~!どんな関係性だよ!てっきり上司的な人を想像していたのだが・・・
見たことにより謎が深まってしまった様に益々想像が膨らんでしまう。

単純に考えると、降りた女性は老けて見えるが実は若い、車の女性は若く見えるが実は結構いってる上司、うん、そうかもしれない。もしくは、上司の娘に送られたと考えると、あのお辞儀も有りか?いや、実は百合で降りた女性が受けで車の女性が攻め、いやいや、俺は何を言ってるのか・・・
独身寮の前で降りたという背景を勝手に組み込んでいる自体がそもそも間違いなのか?
しかし不思議なものを見た、面白かったな~

という、いろいろ考えをめぐらす暇つぶし方法
え?きもい?すみません_| ̄|○