秋本番

皆さまお久しぶりです。
今年も残すところ約3か月、早い、早すぎる!というセリフも飽き飽きしてきましたね。
相変わらずただただ時間だけが過ぎていく日々を満喫しております。

業務用シュリンプフードTYPE-Aの入荷が遅くなっておりました。工場の飼料乾燥機が故障しているらしく生産がストップしております。入荷までもうしばらく掛かりそうです。
大変申し訳ございません。

 さて、エビの餌の種類がほとんど無かった一昔前、どこに行っても「ひかりエビ」しか売っていませんでした。魚の餌も同じくどこに行っても大手の飼料、同じものが同じように並んでいる状態です。”選択”ができないというより皆無、価格まで揃えてる?という状態で売られています。
 10年くらい前までは大体そうでした。今でこそ多少差別化が図られてきましたが拘りが無いホムセンなんかは今でも変わりません。もちろん大手の物が悪いわけではありません。ただ、少しの拘りや大手の物が合わない場合もあります。というより多々あります。エビ・金魚は特にその傾向が強く、エサ選びは結構重要だったりします。

 配合が違えば育ち方も変わる。非常に見えづらいが長期で差がでます。昔のエビ餌はクルマエビ飼料の詰め替えやアワビ飼料の詰め替えなどが多くありました。それも現在はだいぶ減りましたが・・・
 それらは結局、クルマエビの餌であり、アワビの餌であり、レッドビーの餌ではありません。クルマエビ飼料のイカミールやイカ肝末など、クルマエビの大きさにもよりますが数%~20%配合と非常に多く配合され、動物性原料はゆうに70%を超えます。そもそも、数百倍も体格の違うエビと一緒に考えることはナンセンスであり、それ以前に淡水と海水の違いを見て見ぬふりはできません。あれから数十年経ちましたが今更ながら答えは出ています。ま、やってた人が増やせないんだから確かでしょ。。

 当時の大手は良くも悪くも教科書通りの配合、より専用性を考慮し100%植物性と動物性を含む二種類のエビ餌を販売したのがエビタブリード、良い意味で差別化が図られたと思っています。新しさはすでにありませんが一つの正解であると自負する配合、もちろん答えはいくらでも出てくるのが配合ですが、出来合いの水産飼料や肥料とは違う専用性が何より重要です。エサを選ぶ際、そういった内容も考慮して選んでいただけると非常に助かります。

 「プロバイオティクス」を観賞魚飼料に初めて持ち込んだのが当金魚の餌を製造しているBX社の社長でした。現在は当たり前のように配合されていますよね?私たちは小さいが故に大手にはできない、やっていない事で差別化を図り製品化しています。私たちが大手と同じような物を製造していたら、それこそどこぞのホームセンターの売り場と変わりありません。違いがあるからこそ店頭でのラインナップが生きてきます。その選択性はお客様にとって、私たちにとってプライスレスではないでしょうか?

 私どものエサは、きちんと設計し飼料工場で製造している本物であり、他社とは一味違うコンセプトを持ち合わせています。
お一ついかがでしょうか?

新製品「ヘルシーラブスター金魚」

皆さまお久しぶりです。
更新が滞り死んでいるのではないかと思われたかもしれませんが。。
今期はお陰様でいろいろと動きがありあたふたしておりました。
早速ですが以前より申しておりました新商品の告知をさせていただきます。
商品名は「ヘルシーラブスター金魚」名前の通り金魚用のエサです。

まず、このヘルシーラブスター金魚、すでに世に出て8年ほどと先行販売店の尽力により今では知る人ぞ知る金魚用のエサとして販売されています。今では日本でも5本の指に入ると言っても過言ではない金魚のエサです。

製造元である㈱BX商会の社長とは私がエビタブリード開始当初からのお付き合いですでに12年となります。その頃は私もBX社の社長も若かったのですが12年という月日は過酷ですね。
ま、その話はともかくそのご縁から取り扱いの問い合わせがあり今回商品化する運びとなりました。

金魚用のエサなんてみんな同じだろう?そんな事はございません。
他社製品とヘルシーラブスター金魚の大きな違い、それは”乳酸菌・麹菌・納豆菌・酵母菌”など死菌として配合している点です。
現在各社様々な菌類を使用し差別化しており、生菌・休眠状態にしている元々金魚が持ち合わせていない菌類が配合されている物が多く見受けられます。
それが悪いとは言いません。しかし、もともといるであろう常在菌はどうなっているのか?その後その菌類はどうなっているのか?そこは分からないのが現実です。
明治のLG21ヨーグルトはピロリ菌を抑制する効果があるそうですが残念ながら胃の中で定住できないらしく食べ続けなければなりません。これは人間用の話ですが・・・

金魚用に配合された菌類がその後どうなっているのかは未知であり、与え続けることによりリスクが生じる可能性も無きにしも非ずです。
残念ながら我々日本人は生きた菌が良い物であるという勝手なイメージを持っているようです。

ヘルシーラブスター金魚はそれら他社製品とは異なり真逆の”死菌”を配合している点です。どうなのか分からないものではなく、定説としてそれら死菌や副産物をエサに本来金魚が持つ常在菌を育てることにより免疫賦活化を促します。あえてぶくぶく太らせず、健康に長寿を目指す。これがヘルシーラブスター金魚が他社製品と大きく異なる点です。

更に、粒が小さめのクランブルタイプである点です。
大は小を兼ねず、小は大を兼ねるのが観賞魚のエサ。大きな粒は大きな金魚しか食べられませんが小さな粒は大きな金魚にとっても消化しやすい意味でメリットがあります。水を含みやすく消化の良い粒形状です。

安価な水産飼料を使用し大きく太く育てる事が良かれとされ、代々引き継がれていく遺伝の事や長く生きてもらう等”ペットとしての金魚”の存在価値がまるで感じられない生産者が少なからずいます。お金でしかない彼らにとってまるで必要のないエサであるのは違いありません。
魚類は与えられたもので生きようと自分を環境に合わせます。偏りにより欠損や奇形が多くなりやすく、そうなるまで症状が見えにくいのものです。
金魚は食用ではありませんので脂の乗りは見る必要はありませんし美味しくする必要もありません。
最終的に金魚をペットとして飼っていただくお客様にそれら水産飼料とは全く違う事を是非ご理解いただけると幸いです。

お求めは全国のお取り扱い店にてお願い申し上げます。

初夏

連休も終わり桜もすっかり散りまして、とうとう夏がやってくるのか?
と言わんばかりの急激な暑さ、次の日との温度差が激しく体調を崩しそうな感じです。

先月は動きがそこそこありまして上日の丸弁当50gが品薄、めだか御膳が欠品となっておりました。いずれも入荷は今月末~来月初めあたりを予定しています。スピナッチタブとクアトロは来月入荷予定となっておりそれまでは何とかいけるかと踏んでいます。

さて、私事でありますが住処の引っ越しでバタバタしており、少々お休みをいただく事となります。仕事場に変わりはありませんので今まで通り宜しくお願いします。
<お休みのお知らせ>
5/26(土)と6/1(金)は都合によりお休みとさせていただきます。
息子が市外に就職し別々の暮らしとなるので寂しいのですが・・・
反面、空いた時間を仕事に回せるので仕事のふり幅を増やしていこうと考えています。
それに伴い新製品のリリースや既存商品の更に良い方向への改良などいろいろと計画をしていました。
とにかくやってみて良ければ続けるの繰り返しが我々の仕事です。お陰様で上日の丸弁当・クアトロ・スピナッチタブ・ベビーシュリンプフード・業務用はどれも外せない主力商品となっています。どれかだけがという感じではない事に満足しています。
ただ、他種の製品もそういう感じにしていければな~というのが正直な私感です。定番となり得る商品化が簡単な事ではないのは良く理解しているつもりですが、きっと今回の商品化は定番になってくれると思っています。そうなり得る商品を追加していく予定ですので皆さま楽しみにお待ちください♪

真理

春ですね、明後日にはこちらも20℃を超えるらしいので楽しみです。
やっと冬が終わったと実感がわいてきました。
さて、今日はアクアに関係のないお話となります。
最近宗教の勧誘がとても多いんです。春になり活動開始なのも分かるのですが私にとって非常に無駄な時間であります。
人それぞれ幸せの感じ方は違いますよね?
お金?愛?神に愛される?趣味?
いろいろとありますが、根本から違う視点で考えてみるのも一つかと思います。

お金は人の思考・概念が作り出したシステムであり物です。
このお金の概念をもって行動しているのは地球上で人間のみです。
我が家で飼っているエビも金魚もメキシコサンショウウオも隣の犬も、お金など知りませんし知り得ません。そんな概念はありません。彼らには金など存在しない世界です。

彼らにあるのは”存在”のみ。そこに食べ物がある、水がある、石がある、暑い、寒いなど”存在”しかありません。本来人間も彼らと同じく”存在”があるだけなのですが・・・

人には思想と概念を作り出しそれを蓄積してきた今があります。本来存在しえない物や概念を作りどんどん蓄積して社会を構築してきました。
例えば、隣の人を殴ってはいけない。これは人が作り出した概念でありルールです。それは目には見えません。頭の中に作られた概念です。人を殺してはいけない、人の物を盗んではいけない、働けば給料がもらえる、トイレで用を足す、その一つ一つが蓄積され現在が成り立っています。クソも小便もその場でできます。でもトイレに行ってする概念とルールに従っています。全ては人が作り出した概念です。

私が飼っているエビも金魚もメキシコサンショウウオも”神”を知りませんし”お金”も知りません。隣の人を殺してはいけない事も知りません。エビは仲間の死体を埋葬しません。それは死体ではなく物であり食糧です。彼らは死体を食べても犯罪にはなりません。そういう概念が無いからです。
彼らは”神”を知りません。この世で神の概念を持つのは人間のみです。この意味が分かりますか?
これは人が持つ概念の一つです。お金があるように、見えないルールがあるように、人が作り出し蓄積していった概念の一つにすぎません。人間以外の生き物に存在しないんですから。
隣のタマは神を信じますか?上野動物園のシンシンは神の概念を持っていますか?私には到底あるようには思えません。彼らに神は存在しないでしょうたぶん。何故なら概念が無いから、神を考える脳も概念も無いからです。彼らに神は無い、この世に存在しません。彼らに存在せず人にだけ存在する。この意味をきちんと理解できるでしょうか?

我々人間は自らが作り出した目には見えない概念の箱庭世界で苦しみ、悲しみ、楽しみ生きているにすぎません。生きる意味を見出しているのは自分自身であり、本来生きる意味などありません。ただ存在しているから生きているだけです。生きる意味を持たせたいという人間の欲でしかありません。
それを寂しいだとか、辛いとか言うこと自体、概念に囚われ雁字搦めにされた人である証拠です。倫理や概念を白紙化できない人に本質は理解できない。概念に漬かりすぎて、概念でしか思考できないからです。概念に囚われ、真理を知り得ない人々が存在し続ける限り、政治と宗教が原因で戦争は増長され続けます。自分で作った概念とルールの相違に争い続けるんですからアホとしか言いようがないですよね?

ま、どんな考え方をしようと勝手ではありますが、もっと深く原点から考え直すことから始めても遅くはないのではないでしょうか。全てを白紙化し新たに考え直す。悪い事ではないでしょう?