製品化について思うところ

製品化について思うところ

今まで様々製品化してきましたが成功もあれば失敗も数々あり万事うまくいくことなどありません。むしろ失敗だらけです。その失敗を繰り返すたびに自分の先見の無さや力不足をひしひしと感じるわけです。
私が良く言われることの多いのが製品名の付け方です。おしゃれと言われることもある反面、何を訴えてるのか分かりにくい。伝わらない、統一性が無い!との意見が多いです。
統一性が無いのは私の性格的な事があるので何ともいいがたいのですが伝わらないのであればダメじゃないですか。ああしよう、こうしようとその時の人の意見に流される傾向があるためその時々で製品の命名やデザインも違ったりします。最近は凝ったデザインはできなくなってきたのでシンプルに仕上げてますがそれで統一していこうと考えてはいます。又、和をもう少し取り入れて日本人らしさが出せればと思っています。
Ebita Breed「めだか御膳」は2012年5月に販売を開始している商品です。すでに7年経過しています。最近ニチドウさんが「めだか膳」という商品名で販売をされているようです。「金魚膳」もあるようですが寄せてきますね(笑
当製品は国内製造、安定の国産ですので安心してお使いいただけます。私もいずれは自身の配合設計で金魚フードを製造する事が目標でもあります。金魚用を完全オリジナルで製造するのは量が量なので倉庫の確保から何やらといろいろ大変です。その際は告知させていただきます。なんでこういう金魚エサが無いのか?こうしてほしい!など是非ご意見ください。

「めだか御膳」ですがリニューアル予定です。
もう少々時間が掛かりますが中身も入り数も価格も少々変わり発売予定です。大手の小麦粉・魚粉基本の安価な価格帯にはさすがに及びませんが。どんなに良さを謳ってもそれに見合う価格でなければやはり売れません。高品質でありながらできるかぎり価格も抑え食い込んでいければと考えています。又、大量飼育者向けに業販も行っていこうかと考えています。
メダカ用はほぼ魚粉と小麦粉というのがほとんどです。とてもお安いですよね?フレークも比較的安価です。あれは熱したローラーで高温で焼くので栄養飛びが激しく観賞魚でしか利用されていません。養殖業界では栄養が重要視されるのでフレーク飼料は採用されていません。知識ある生産者がフレークを使わず粉砕物を使用するのはその為です。フレークは扱いやすさもありますし決してだめだと言ってるわけではありません。ただ、より考慮するなら栄養面で損失の少ない物を選ぶことは悪い事ではありません。
サンプルの配布など考えているのですがどのようにするべきか悩んでおりました。告知はツイッターで行う予定でおりましたので興味をお持ちの皆様“フォロー”宜しくお願いします。

投稿日: 2019-06-08Ebita Breed